ゴルフ 服装 マナー

ゴルフを始めてみたいと思っているけど、どんな服装で臨めばよいのかわからないといった方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、ゴルフを行うときの基本的な服装やNGの服装について、詳しくご説明していきましょう。
MENU

ゴルフを始める前に必ず知っておきたい服装についてのマナー

ゴルフを始めてみたいと思っているけど、どんな服装で臨めばよいのかわからないといった方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、ゴルフを行うときの基本的な服装やNGの服装について、詳しくご説明していきましょう。

トップスについて

トップスを選ぶときに気をつけるべきポイントは、襟がついているかどうかです。逆にいうと、襟さえついていれば、普段から着用しているシャツなどでも特に問題はありません。NGになる代表的なものとしては、Tシャツやトレーナーなど、いわゆる丸首のものが挙げられます。

 

そして、着用しているシャツの裾は、必ずパンツの中に入れるようにしましょう。クラブハウスでの服装も、基本的には上記と同じでOKです。ただし、ジャケットの着用が義務付けられているところもありますので、念のため用意しておくと安心です。

 

ゴルフは紳士淑女のスポーツですし、プレイの際には、やはりキッチリとした服装で臨むようにしましょう。

ボトムスについて

ボトムスを選ぶときに注意すべきポイントは、ベルトが通せるものを選ぶようにするという部分です。シャツの裾を必ず入れる必要があるため、ベルトを着用しておいた方がよいからです。

 

これは男女に共通していえることですので、しっかり覚えておきましょう。生地は、綿や麻のものであれば問題なく、たとえばチノパンなどを履くのが最も無難です。最近ではハーフパンツやスカートでプレイされる方もいらっしゃいますが、ゴルフボールが林などに入って探している最中に、足を傷つけてしまう恐れもあるため、あまりおすすめできません。

 

どうしてもという場合は、ハイソックスなど、くるぶしが隠れるものを履くようにしてください。

帽子・シューズについて

帽子は必ずしも必要だというわけではありませんが、ゴルフボールが当たるなど不慮の事故も考えられるため、安全性の面では被った方がよいといえるでしょう。ただし、クラブハウスの中では必ず脱いでおきます。

 

そしてシューズは、必ずゴルフ専用シューズを履くようにしてください。サンダルやヒールなどを履いてプレイするのは、当然NGになります。さらに、ゴルフシューズのスパイクの部分ですが、コースによっては鉄製を禁止している場合もありますので、購入する際は十分注意しましょう。

 

いかがでしたでしょうか。服装についてのマナーやルールが多いと感じられたかもしれませんが、それはゴルフだけに限らず、どのスポーツでも同じです。いざプレイする段階になって困ったり、恥をかいたりしないためにも、事前に必要なものをチェックするようにして、しっかりと準備を整えておきましょう。

 

参考
高反発 ゴルフドライバー
シニアに人気のドライバーをご存知ですか?飛距離が出ればスコアも伸びやすいので、今のシニア層には高反発ドライバーが人気です。

このページの先頭へ