ゴルフ マナー

ゴルフは年配の人でも楽しめるスポーツなので、年齢を重ねてくるとゴルフをやる機会が増えてくるでしょう。プライベートで友人とゴルフをする可能性もあれば、職場の接待でゴルフをするように可能性もあります。特に接待の場合は職場の上司や取引先の人と一緒にゴルフをする事になるので最低限のマナーは覚えておかなければいけません。
MENU

ゴルフをする時の最低限のマナー

ゴルフは年配の人でも楽しめるスポーツなので、年齢を重ねてくるとゴルフをやる機会が増えてくるでしょう。プライベートで友人とゴルフをする可能性もあれば、職場の接待でゴルフをするように可能性もあります。特に接待の場合は職場の上司や取引先の人と一緒にゴルフをする事になるので最低限のマナーは覚えておかなければいけません。

 

まずゴルフをする時は複数の人数でコースを回る事になります。そのため始まる時に一人でも遅刻をしてしまうとみんなに迷惑がかかってしまいます。特に接待の時は上司や取引先の人と一緒にする事になるので関係性が崩れて今後にも影響してしまう可能性もあります。そのためゴルフのスタート時間の30分前には必ずゴルフ場に着くようにしましょう。

 

次にゴルフをする服装にも注意しなければいけません。ゴルフの服装は基本的に襟付きのトップス、ロングパンツ、ゴルフ用のシューズでプレーする事になります。そのためジーンズ、Tシャツ、ジャージ、ノースリーブスなどはゴルフをするのに相応しくない服装です。

 

もしこれらの服装をしてきてしまうとゴルフの常識がないと思われて恥をかいてしまうので注意するようにしましょう。またゴルフ場に入場する時も同様でジーンズやTシャツなどはNGでジャケットを着てくるなどビジネスカジュアルをイメージするようにしましょう。

 

次にプレー中にも当然マナーがあります。まず注意したいのがこれから打つ人の邪魔をしてはいけません。特に大声で喋っていると打つ人も気が散ってしまって集中出来ません。そのため集中出来なくなるような行為は絶対してはいけません。

 

次にプレーする時はなるべく早くプレーする事を心掛ける必要があります。のんびりプレーをしてしまうと一緒にコースを回っている人がイライラしてしまう事も少なくありません。そのため気分を損ねながらゴルフをする事になってしまうのでその辺りはマナーとして早くプレーするようにしましょう。

 

次にカップがあるグリーン上でも注意しなければいけない事があります。グリーンはパットをしてカップに入れるプレーをする場所なので、芝を傷つけないという事が大切になってきます。そのためまずグリーンの上を走ってはいけません。

 

走ってしまうと芝が傷んでしまう可能性もあるのでパットにも影響してしまいます。グリーンの上は静かに歩くようにして芝が傷まないように気をつけましょう。またゴルフボールがグリーンに乗った時に芝にくぼみが出来てしまいます。その時はグリーンフォークで芝を寄せて直すのがマナーなので忘れないようにしましょう。

 

参考
ゴルフ ドライバー ランキング
若いころとは違い、人は誰でも50代になるとパワーが落ちます。どれだけトレーニングをしても仕方のないことなので、無理にトレーニングをして体を壊すのではなく、飛距離がでるドライバーを見つけてみてはどうでしょうか?

このページの先頭へ