MENU

飛距離を伸ばす為には基本的な事が大事

飛距離が飛ばないからと言って投げやりになるのは良くない事です。
どの年齢からでも飛距離はアップします。
大事なのは基本を忘れない事です。
まずゴルフに慣れてくると基本を忘れがちになります。
例えば握り方1つでも飛距離に影響します。
なので飛距離が最近伸びなくなってきたとか前に比べて落ちたと言う人は少し基本を思い出して下さい。
フェースの開きにも注意してみて下さい。
正しいフェースの向きにする事で飛距離も改善してきます。
フェースの向きを確認する上でちょっとしたコツは、2本のクラブを使う事です。
2本のクラブを使い正しい姿勢であればクラブが重なったりはしません。
基本の姿勢だったり基本の握り方も大切ですが、それ以前に自分に合うクラブを見つける事も大切です。
ドライバーは本当に自分に合っているドライバーでしょうか。
そういう根本的な所から考えてみるのも大事な事です。
歳を重ねるにつれて体の動きが鈍くなってきます。
しかしゴルフの良い所はサッカーや野球に比べて激しい運動ではないので、ちょっとした腰の動きだけで上達する事ができます。
これは腰が良ければ飛距離も良くなると言っても過言ではないでしょう。

なので日々ちょっとしたストレッチだけでもする事で柔軟な体を手にする事ができます。
本番の時だけ体を動かすようでは、筋肉が緊張状態になっているので、本来持っている力を十分に発揮できません。
そういった基本的な事を常に頭に入れているだけでも飛距離を改善する事ができると思います。

 

参考サイト
高反発 ゴルフ ドライバー
力がなくなっても飛距離がでる今話題の高反発ドライバーのランキングサイトです。楽に少しでも飛距離を伸ばしたい場合は参考にしてください。

このページの先頭へ